洗濯洗剤を見直して、アトピー肌を改善しよう!

HOME » ポイント別に見るアトピー改善生活のススメ » 食生活

食生活

アトピー対策のポイントの一つとして、食生活改善を検証しているページです。

アトピーを改善する食生活のポイントとは

アトピーは多くの場合、原因や起因が分からないことが多いため、「特定の食べ物を摂らない」といった対策より、口から入れる食品の質や量を選ぶ生活を送ることが大切です。

では、具体的にはどのような食生活が良いのか、いくつかポイントをご紹介します。

肉を減らして魚や野菜を増やす

肉には、アトピーの原因と言われるアラキドン酸という脂肪分が含まれているため、なるべく減らすことが理想です。

野菜反対に青魚に含まれる脂肪分は、アトピー治療に良いと言われています。また、野菜や果物、海藻、豆類は天然の酵素やミネラル、ビタミンによって免疫力アップ効果が期待できるため、多く摂取した方が良いでしょう。

ただし、痒みを起こす物質を含む野菜として、たけのこや里芋、ほうれん草、茄子などが挙げられます。また肉の中でも鶏ささみや豚ヒレ肉などは、肌を潤す成分があるようなので、細かく注意していきましょう。

農薬や添加物を可能な限り避ける

最近は有機野菜や有機食品も、多くのスーパーで見かけるようになりました。有機JASマークがついた食品は、農薬や化学肥料を一切使わないで育てられたものばかりなので、アトピー肌の方は積極的に摂りいれたいものです。

また「無添加」と表示されている食品は、食品添加物が一切入っていないという意味。このような有機食品や無添加食品を選んで摂ることで、アレルギー反応を少なくすることが可能です。

調理時にもひと工夫

食品だけでなく、調理にも気をつけてみると、アトピーをより軽減する効果があります。

まず、肉や魚、野菜類はしっかりと洗うこと。無農薬野菜を摂るのが理想的ですが、値段が高かったり、ど手に入りにくいという問題があります。そのような時は、食品に付着している有害物質をよく水で洗い流す試みが大切です。

特に葉物の場合、外側の葉は捨てる、根元を数センチ切り落とすのがオススメです。他にも、魚の切り身はさっと熱湯をかける、肉は皮や脂肪を取り除くといった事も効果的。

調理時にミネラルウォーターを使うのも良いみたいですよ。

 
ページの先頭へ
アトピー肌にやさしい洗濯洗剤を探して